「独立する時に貯金はいくら必要ですか?」

という質問はとても多いです。

僕は450万円貯金をしていました。

 

美容室の独立開業には、店舗の大きさやエリアにもよりますが

多額の費用が必要となります。

しかし、独立を目指すほとんどの美容師は、

貯金をしている自己資金だけでは独立開業ができないので

お金を借りることになります。

 

闇雲に貯金をしていても、独立に対するモチベーションが上がりませんよね?

今回は、独立する為に最低限の自己資金を貯金が必要なため、

独立までに最低いくら貯金をしたら良いかを解説します。

美容室1店舗にかかる開業費用とは?

まず、美容室1店舗にかかる費用が分からないと

貯金額をいくらに設定したら良いか分かりません。

 

美容室のエリアや規模(広さ)によって金額は変わります。

実際に神奈川の店舗でかかった金額を参考にして下さい。

・保証金や店舗契約費用・・・240万(保証金+仲介手数料+前家賃)

・美容室の内装費   ・・・650万

・美容器具費用    ・・・120万(シャンプー台2機やセット椅子など)

・その他器具や消耗品 ・・・30万

合計で約1040万の費用が1店舗にかかりました。

ここに店舗を独立し、必要な運転資金を

最低100万以上をあれば良いでしょう。

僕の場合は、運転資金を「10万以下」という計画性のなさがあり、

不安な日々を過ごしていたので真似しないようにして下さい・・・。

美容室経営の閉店の失敗談!Binervaは本当の事を話します!

美容室の【平均閉店年数】が悲惨なことに。廃業しない為に必要な○○とは

 

つまり1000万〜1100万は最低かかる独立費用だと思っていていいでしょう。

美容師が独立するための種類で貯金額は変わる

独立にも方法はいくつかあります。

まずは、独立開業にかかる資金が異なりますので

だいたいかかる費用を説明していきましょう。

【1】個人経営もしくは共同経営

【500万〜1000万前後必要】

個人で経営をする場合は、必然的に「あなたが経営者」になります。

よって上記の1000万円前後が必要な資金です。

 

しかし、個人で独立しない場合は「共同経営」という方法もあります。

【美容室の経営方法】1人経営や共同経営って本当にいいことだらけなの?メリット・デメリットを説明します。

1人で経営しない分、共同の美容師の貯金みお当てに出来るし

貯金額の資金が足りない場合はオススメな方法でもあります。

 

メリットは資金面でもありますが、

美容師の求人媒体は高額なため、

リファラル採用も確率的に上がるのもメリットです。

美容師の1番良い求人方法!話題のリファラル採用

デメリットとしては、どちらが代表取締役になるかや

給与面(役員報酬)などのお金のトラブルや

方向性の違いなどで空中分解する可能性も0ではないという事があります。

【2】フランチャイズ

【0円〜1000万円前後必要】

フランチャイズは、今まである美容室のブランドを借りる事になります。

よって、美容室と契約を交わす為、

ロイヤリティを払うことや初期費用を最初に立て替えてもらう事など

会社によって様々あります。

 

初期投資が契約金で100万などといった事や

契約後に食い違いやトラブルも全くないわけではないので

契約内容をよく確認しながらおこなうと良いようです。

【3】シェアサロン

【0円〜で可能】

2018年から新しい働き方として

「何ももたない独立」をコンセプトのシェアサロン。

店舗を構えないで、独立するというスタイルは、

アメリカの美容師ではポピュラーな働き方です。

【シェアサロン原宿の美容室】GO TODAYの代表 大庭邦彦氏にインタビュー

 

しかし、店舗を持たないというリスクを解消できていますが、

資産(店舗)を持っていない分違うリスクは出来てきます。

スタッフの雇用や契約が出来ない分、

経営者としての成長はありません。

独立前までの練習やステップアップとしての活用をオススメします。

自己資金のみで独立は危険!融資で資金の余裕を作る

1000万円の自己資金を貯金するのはとても難しいと思います。

しかし、日本人の特徴なのか借金=リスクと

考える方が多いようです。

 

しかし、借金(融資)は悪くありません。

逆に資金にゆとりを持つ事でとても重要な行動です。

 

もちろん自己資金が多くある事に超した事はありませんが、

会社が倒産や閉店する理由は、

資金が0以下になる事です。

 

例え、1000万以上もの自己資金があった場合でも

少しは融資を受ける事が得策になります。

最低300万円は貯金をして独立資金にしよう

自己資金0円では、融資を受ける事は出来ません。

美容室を個人で経営する場合は、

最低300万円は自己資金で貯金しましょう。

 

最初の融資は、クレジットカードの滞納や他の借金がなければ

まだ審査が通りやすいです。

独立を将来したいと考えているならば、

今のうちにコツコツと貯めておきましょう。

Webを利用して集客したり、収益をあげてみませんか?

WEBを使って独立したい、自分のやりたいことをビジネスにしていきたい人のために、ブログに関する知識からサイト制作、情報発信や技術サポートの他、スケジュールやタスク管理、モチベーションアップなども含めて無料のオンラインサロンで情報を配信させて頂きます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事