連絡は突然でした・・・。

 

毎月恒例のホットペッパービューティー営業者と

打合せ日の調整をするLINEにて、

「神奈川のエリアの契約についてお話がありますので、会社と個人の印鑑をご持参下さい。」

 

私はすぐに察知しました・・・

 

またホットペッパービューティー値上げするのか?

 

ホットペッパーとの打合せする場合に、

印鑑】が必要になる時は、

・年間契約更新

・掲載費変更

しかありません・・・。

 

私は、何も言わずに承諾し、打合せ場所に向かいました。

掲載費値上げは突然に・・・

いつも通りの東京・神奈川の美容室4店舗の打合せを

サロンレポートを参照しながら打合せをしていました。

 

今回の営業担当は、数ヶ月前に新しく変わったばかりという事もあり

なかなか新契約の内容を切り出してこなかったので、

 

Binerva
「印鑑が必要なのは掲載費が上がるからですか?」

と直球で聞きました。

HPB担当者
「はい、1月号から掲載費が神奈川2店舗が上がります」

Binerva

・・

・・・

・・・・

Binerva
「えっ!!1月号??今11月後半ですよ?」

Binerva
「急ですね!!」 

Binerva
「どのくらい掲載費上がるんですか?」

 

まくり立てるように聞いてしまいました。

過去の記事でも、

 

2019年4月号ホットペッパー掲載費が値上げ!25%の美容室経営者に影響

が反響がありましたが、

 

今回はもっと早い、1月号(掲載変更日は12月21日)からです。

 

さすがに急過ぎます。

 

いつもなら印鑑をすぐに押しますが、あまりのも急なので今回は躊躇ってまだ押していません。

 

しかし、決まった事は従わないといけないのが、ホットペッパービューティーの掟

どのような変更点があるのかを冷静に解説していきます。

ホットペッパー掲載費最大8万円のエリアはどこか?

ホットペッパービューティーの掲載料金についてはweb上に記載する事を禁止なんです。

 

しかし、美容室経営者ならご存知かもしれませんが、

ホットペッパービューティーには、Z価格エリア」と「R価格エリアの2つがあります。

 

 

今回最大8万円値上げするのは、

「R価格エリア」から「Z価格エリア」に昇格するエリアが対象になります。

 

まだ全エリアを調査中ですが、

・東京都赤羽エリア  (赤羽駅)

・東京都北区エリア  

・東京都墨田区(錦糸町・両国)

・東京都足立区(北千住など)

・東京都江戸川区エリア (調査中)

・神奈川県中原区エリア(武蔵小杉駅・元住吉駅)

・神奈川県青葉区エリア(たまプラーザ駅周辺)

・神奈川県戸塚区エリア(センター北など)

が該当します。

 

該当するエリアの美容室経営者の方は、「R価格エリア」のどのプランなのかを確認しましょう!

掲載費が上がる事で経営者によるメリットは何?

掲載費だけが上がっても、経営者にメリットがなければ意味がありません。

 

どのようなメリットがあるのでしょうか?

エリア担当者が常時つく

銀座・新宿エリアなどは元々「Z価格」の為営業担当者が付きます。

その為、違う美容室の情報や次回の出店エリアなどの相談も可能です。ホットペッパービューティーを上手く活用するにはとても助かる存在です。

もちろん、他社の情報の詳細は言えませんが参考にはなります。つまり自分が聞く変わりに、他社にも筒抜けのようにも感じますが・・・

他には、クーポンの見直しや反響などの提案もあります。だいたい小規模の経営者の場合、1年に一回は担当者が変わるのでとても迷惑な面もありますが・・・。

プランによって本誌サービス

Z価格になると、プランにもよりますがフリーペーパーが付きます。

「今の時代に、フリーペーパーは意味ない」とも思いますが、少なからず効果があるようです。

メリットもあるが値上げは値上げなので…

今回の値上げでネガティブな事は尽きませんが、ネット予約機能やスタイル・ブログ・口コミ・アピールポイントなど

ホットペッパービューティーは高機能かつ高性能です。

これら全てを自社のホームページとして作成するのは時間も費用も掛かります。他にも、サロンボードのレポート機能やレジ締め機能もそうです。

 

Binerva
払うからには、最大限に使いこなさないとムダになってしまいます。

中心エリアの美容室経営者は単に広告費圧迫する事実・・・

 

高機能のホットペッパーに営業担当が付けば、今まで以上の集客の見込みがない訳ではありません。

1店舗経営や他にZ価格の出店がない美容室にはメリットは少なからずありますが元々Z価格エリアを出している経営者からすると「単なる広告費の値上げ」しかなりません。

私たちBinervaの美容室は、新宿エリアに美容室がある為武蔵小杉エリアなどの打合せはしています。

営業担当者も随時付いてもらっているので単なる利益圧迫です。

今後ホットペッパーは値上げエリアが増える?!

今回のエリアに関してはR価格からZ価格に昇格した事はそれだけ美容室が増えた事が理由です。

増えるという事は、集客が見込めるという事にもなります。

 

すなわち、今後集客が出来ている・見込みがあるエリアは値上げの対象になります。

 

今回のように急に掲載費が上がるケースはなかったので今後は注意を払う事が美容室経営者には必須になります。

ホットペッパーの高機能性と認知度には助かってはいますが集客の方法を見直さないとR価格エリアも利益圧迫してしまうかもしれません。

「ホットペッパービューティーの掲載をやめたい!」美容室オーナーが教える必要なこと

Webを利用して集客したり、収益をあげてみませんか?

WEBを使って独立したい、自分のやりたいことをビジネスにしていきたい人のために、ブログに関する知識からサイト制作、情報発信や技術サポートの他、スケジュールやタスク管理、モチベーションアップなども含めて無料のオンラインサロンで情報を配信させて頂きます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事