Binerva
美容室開業に1番お金がかかるのが内装費です。ですが、物件の状態によって内装費にかなり差が出るのをご存知でしょうか?

その状態とは『居抜き美容室』と『スケルトン物件』の2つがありますのでどっちがオススメなのかを解説していきます。

『居抜きとスケルトンどっちが独立出店に向いているの?』
『費用の差ってどのくらい違うの?』
このような悩みや疑問を持つ方は多いのではないでしょうか?

 

実際、両方ともメリット・デメリットがあります。しかし、上手く使い分ける事により経営の安定や成長スピードが大きく変わってくるのは事実です。

 

美容室開業の物件選びで居抜きとスケルトンのメリット・デメリットはどのような事があるのかをを解説していきます。

居抜きとスケルトンの違い

Binerva
そもそも居抜き物件とスケルトン物件いう意味合いを理解する事が先決ですね!

 

『居抜き美容室物件』とは、シャンプー台や鏡・カットチェアー・棚などがそのまま残されている物件のことです。

 

本来なら美容室を閉店・廃業する場合、物件契約の際に定められた状態に戻さないといけない条件が含まれていますが、ビルのオーナーや美容室経営者が原状回復工事をする事が困難もしくはもったいないという理由からそのままの状態を譲渡(引き取ってもらいたい)という状況を指します。

 

『スケルトン物件』とは、鉄骨がむき出しの状態や、コンクリートの打ちっぱなしの状態のことを指します。居抜き物件と違い、何もない状態なのでトイレや空調エアコンなどもない状態が多い事があります。

 

他には、「事務所使用」の物件もあり、床にカーペットが引いてあったり、トイレや空調がついている物件もあります。しかし、元々事務所での契約を理想としているため、美容室に必要な設備のガス容量や電気・給排水の水道管の太さなど様々な条件をクリアしないと美容室は開業できないのでご縁が少ないケースが多くあります。

美容室の居抜き物件とスケルトン物件のメリットを比較

Binerva
最終的には自分での判断になりますが、居抜き・スケルトンどちらもメリットはあります。今後の自分の美容室経営の目指し方によって活用してください。

美容室居抜きのメリットは『安い』『早い』の2つ

居抜き美容室のメリットは、『安い』と『早い』の2つあります。

 

居抜き物件で成功している美容室は結構多くあります。資金の回収スピードが早く、借入も少なく済む為多店舗展開をしたい方や自己資金が少ない方にはオススメの経営展開方法と言えます

 

譲渡金が少なければ、設備回収が早くできるためすぐに利益を出す事が出来るのでスタッフの増員や異動・集客力に自信がある経営者は利益を多く出す事に成功しています。

 

早いというメリットの中に、『早い』というのは決して回収スピードだけではありません。

スケルトン物件のような内装工事を一から作成する場合どうしても1ヶ月前後の期間はかかります。しかし、キレイな状態の居抜き物件であれば、保健所登録を済ませれば早くて1週間で開業が可能になります。

スケルトン物件のメリットは『理想』を手に入れる事が出来る

スケルトンの場合、最大のメリットとしてすべての内装をすることになるので自分の思い通りに店舗の内装を行うことが出来る事です。

 

コンセプトにあうような個室美容室だったりネイルなどの複合施設も可能になるのでオススメです。設備や器具などの管理も簡単であることで経年劣化の対応をしやすいのがメリットになります。

美容室の居抜き物件とスケルトン物件のデメリットとは?

Binerva
上記の説明で、スケルトン物件のメリットが少なく感じたかもしれませんが、居抜き物件にはデメリットが多くありますのでこちらも参考にしてください。

居抜き美容室のデメリットは『後から経費がかかる』

居抜きのデメリットの1つとしてあげるとしたら、設備の経年劣化による費用負担です。

 

居抜き物件によるボイラーやシャンプー台はすべて中古品です。突然の設備不良や床や壁紙などの汚れなど開業して数年たってからかかる費用が出てきます。

 

新品の物に比べて、中古のためそのような負担や急な設備不良が起こるリスクもあります。そのようなデメリットを抑える為にオープンする前にある程度の内装を改善する事と契約する前にどのくらい前に購入したのかや保証書がある事を確認する事が大事になります。

 

後、使っている設備がリース契約という事も確認しましょう!よくあるのは、エアコンやシャンプー台・スチーマーなどがあります。リースが継続中ならいつまでなのか?解約は可能なのか?をチェックしましょう!

【居抜き物件の主なデメリット一覧】

□レイアウトの融通が悪い場合有り
□メンテナンス費用の出費
□内装を変更する場合出費が増える
□機材がリースだった場合は注意が必要

スケルトン物件のデメリットは初期費用が高いのが難点

工事期間に時間がかかることや居抜きより高額の内装費・空調などの設備負担など一概に費用が高いという事にはなりませんが、だいたい高くなります…。

 

何がそんなに高くなるのかというと、電気やガス、水道、空調(換気・排気)といった設備が整っていないからです。その場合は、自分で業者を探して工事を行う必要があります。

 

美容室の内装費用がかかる所は、見えない配線や排水関係が高いんです。スケルトンの場合は、このような設備費用がかかるため高くなってしまいます。

 

【居抜き物件の主なデメリット一覧】

□費用が高額になりやすい
□工事期間により家賃発生しやすい

 

美容室独立の1店舗目はリスク回避する事が大事

Binerva
自分が独立した時は、スケルトン物件でしたが今の時代なら『居抜き』がオススメかもしれません。

最初はコストをどれだけ抑えて経営を安定させる事が重要かもしれません!でもスケルトンから自分の理想の美容室を作る楽しさやワクワク感も正直あるので悩ましい所ですね…。

独立をするのはスタートラインに経った事だけです。どんなにキレイな内装をしていようと、今後独立をしたらあなたは経営者です。
お金管理や集客方法など全部自分でしないといけません。最初の独立開業は出来るだけリスクを抑えた出店費用がオススメと言えます。
しかし、安い内装業者だからといって任せてしまうのも危険です。もし良かったら、当社で内装を5店舗お願いしている内装業者が下記になりますので是非参考にしてください。

 

Webを利用して集客したり、収益をあげてみませんか?

WEBを使って独立したい、自分のやりたいことをビジネスにしていきたい人のために、ブログに関する知識からサイト制作、情報発信や技術サポートの他、スケジュールやタスク管理、モチベーションアップなども含めて無料のオンラインサロンで情報を配信させて頂きます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事